宮島 弥山ハイキング

信仰の山、いにしえの道

Tomoko Kamishima   によって

弥山は厳島神社の北に位置する霊山です。古来神域として守られ、信仰の山に登る参拝者の足跡が残されてきました。806(大同元)年、遣唐使の使命を終えて帰国した空海が、京へ上る途中に籠り、100日間の求問持修法を行ったのが弥山であると伝えられています。

11月下旬の朝、私たちが紅葉谷を出発したときには、空は厚い雲に覆われており、山上の視界は悪いだろうと思われました。しかし、弥山の山頂付近まで行くと、小黒神島をはじめとする瀬戸内海の島々が幻想的に浮かび上がり、いにしえの道の荘厳な雰囲気を深く感じることができました。

弥山への道は大きく分けて4種類あります。紅葉谷公園から川沿いを登る道(約90分)、大聖院から石段を登る道(約100分)、大元公園から比較的緩やかな坂を登る道(約120分)、そして、紅葉谷公園からロープウェイ(約20分)と徒歩(約60分)で登る道です。11月中旬から下旬にかけて、弥山はイロハカエデを始めとする数種のもみじが見頃を迎えます。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する