宮島 秋の大聖院

紅葉の境内と美しい入江の景色

Tomoko Kamishima   によって

大聖院は、江戸時代まで厳島神社を管理してきた別当寺で、806(大同元)年に空海(774-835)が開基したと伝えられています。宮島桟橋から歩いて20分。厳島神社の南に位置します。厳島神社の裏手から古い家並の滝小路に入れば、ちょうど正面に弥山(535m)の山裾にある大聖院が見えます。

11月の末、観音堂や大師堂、摩尼殿の周りを彩る紅葉が見頃を迎えていました。石段を登るにつれて視界は広がり、眼下に入江のすばらしい景色を見ることができました。

詳細情報

大聖院についてもっと調べる

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する