神の島、宮島

荘厳なる海の回廊 安芸の宮島

Masayoshi Hirose   2014/10/26によって

瀬戸内海に浮かぶ荘厳な社殿と左右対称に伸びた鮮やかな廻廊。

いにしえの平氏全盛の時代、平家一門の氏神として崇拝し、その崇拝の度合いを増しながら、社殿を現在の姿に造営した。満潮時にはまさに社殿が海に浮かぶが如くその姿は神々しく見える。日に照らされる朱鮮やかな大鳥居と夕陽に輝き海の路さながらの夕景、最後に闇夜に浮かび上がる神秘的な海の社を眺めるべくここ安芸の宮島に3度訪れた。自然光の受け方を注意深く観察しながら神殿を撮影したつもりである。今までの厳島神社と比較しながら是非、ご覧頂きたい。本篇は2010年9月末の撮影

海に浮かぶ荘厳なる神殿

  1. 神の島、宮島
  2. 夕陽が造る海の道
  3. 人と神が共存する聖域

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Masayoshi Hirose

Masayoshi Hirose @Masayoshi Hirose

I was born in and grew up in Kyoto in 1960, and currently live in Osaka. About six years ago I developed interest in photography, and now as an avid photographer, I drive around Japan (mostly western parts of Japan) when I have time, and enjoy mysterious natural phenomena such as sunrises, sunsets, sea fog and sea of clouds. My dream is to capture impressive, picturesque scenes. I'd like to take photos that will remain in people's minds forever. It would be my greatest pleasure if my photos entice people around the world to come visit Japan and enjoy her beauty! 1960年京都市に生まれ育ち、現在は大阪府在住  約6年前、写真に興味を持ち始め、今は時間があれば日本各地(主に関西より以西)を車で旅しながら朝陽や夕陽、海霧、雲海などの不思議な自然現象を楽しんでいます。私の理想は心に残る印象的で絵画のような写真を撮る事。いつまでも見る人の心に残るような絵作りをしたいと思っています。私の写真が一人でも多く、これから日本を旅する方の参考になればこの上なく嬉しい限りです。