プリンスホテル新高輪の観音堂

奈良長弓寺より移築されたちいさな御堂

Takako Sakamoto   によって

グランドプリンスホテル新高輪の日本庭園に可愛らしい観音堂がある。とても小さなお堂だが山門まで付いていて、れっきとしたお寺の佇まいを見せている。毎日のように誰かがやって来ては門をくぐり、観音堂に参る姿が見られる。この観音堂、1954年に奈良の長弓寺にあった三重塔の一部を移築したもので、中には十一面観音踏下像が安置されている。私が訪れた時、観音堂の前で熱心に祈る少女に出会った。その後少女はお堂の外廊下に腰かけ、長い間物思いに耽っていた。このお堂、都会の喧騒の真っただ中で静かに瞑想できる絶好の穴場かもしれない。

グランドプリンスホテル新高輪シリーズ
1. グランドプリンスホテル新高輪
2. プリンスホテル新高輪の日本庭園
3. プリンスホテル新高輪日本庭園のイリュミネーション
4. プリンスホテル新高輪の観音堂
5. プリンスホテル新高輪ラウンジ「もみじ」
6. 新高輪のカフェ・エーデルワイス
7. 高輪 七軒茶屋
8. 高輪プリンスホテル国際館パミール

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto