ランギトト東京

ニュージーランドワインと日本酒

Elizabeth S   によって

東京の街中を歩いていると、居酒屋やダイニングバー、レストラン、カフェなどが軒を連ねていて、日本の郷土料理や世界の味が楽しめます。おなじみのお店はもちろんのこと、外国人が経営する地元の専門店もあります。御茶ノ水駅から歩いてすぐのところにあるランギトトは、カジュアルでフレンドリーなワインバーで、ニュージーランド出身の店主と彼のスタッフがニュージーランドの良質なワインと日本酒を厳選しています。

ニュージーランド人で長年東京に住んでいるウェイン・シェネンさんは、日本酒のスペシャリストでありソムリエでもある彼の専門知識をワインバーに生かしています。ウェインは日本各地の酒蔵で実際に働いた経験があり、その知識を電子書籍「Demystifying Sake」で紹介しています。ウェインは、その経験と勤勉さで多くの評価を得ています。彼はニュージーランドのソムリエ・オブ・ザ・イヤーの準グランプリに選ばれ、ニュージーランド人として初めて日本酒の上級認定を受けました。

彼はその知識をお客様と共有し、お客様の好みを聞き、その人に合った日本酒を選ぶようにしています。日本酒の裏には必ずストーリーがあります。ウェイン氏と彼のスタッフは、あなたが国内外の蔵元の高品質な商品を試飲している間に、そのストーリーを説明してくれるのです。また、ランギトトではニュージーランドのワイン教室も開催しており、提供されているワインの産地や造り手、味わいをより深く知ることができます。

100種類のニュージーランドワインと数多くのビールやリキュールを取り揃えており、あらゆる味覚に合うものをご用意しています。ノンアルコールのものがお好みなら、ランギトトでは、オーストラリア人やニュージーランド人によく知られたブランドのオールプレス・コーヒーを、ワインや日本酒と同じように心を込めてお出ししています。ニュージーランドスタイルのコーヒー(ロングブラック、フラットホワイト、ピッコロ)は、店内でもテイクアウトでもお召し上がりいただけます。

ランギトトでは、お酒に合わせて、ウェインのパートナーのマキエさんお手製のボロネーゼ スパゲッティやシソのスパゲッティ、ニュージーランド産ラム肉のわさびマッシュポテト添え、特製梅ソースをかけたものなど、想像力豊かなメイン料理のメニューをご用意しています。軽食には、ナス、シソ、ペスト、モッツァレラのナプレーゼや枝豆のトリュフ焼きなどがあります。

ランギトト東京は月曜から金曜の午前11時30分から閉店まで(土曜は午後2時から)営業しているので、お茶の水周辺を散策した後の午後の休憩や、忙しい一日の後の夜のおでかけに最適です。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

3
0
Elizabeth S

Elizabeth S @elizabeth.scally

You will see many of my stories on Japan Travel are about places and events outside of big city centers and tourist destinations. While I highly recommend the big name sights and experiences, I encourage visitors to see and feel the atmosphere off the beaten path, too. 

Elizabeth S

会話に参加する