丸の内探検ガイド

丸の内ですること

お勧め   2018/02/28

東京はネオンライトのきらびやかな21世紀巨大メトロポリタン、近未来的建築、そしてあなたが今までで可能であると信じきた以上の数の人々が一つの場所に住んでる所です。この町には13億の以上の人が住み、約6,100の人が1平方㎞に住んでいるほどの日本でも一番人口密度の高い県です:家はとても高く、価格に敏感な人々は棺桶サイズのアパートメントへ押し入れられる羽目になることもしばしば。多くの最先端のスカイスクレイパーやネオン広告掲示板もありながらも、東京はまた伝統に深く根づいた場所でもあります。ポイ捨てなどを見ることはなく道端での犯罪は稀です。すなわち、世界で一番忙しい交差点通り(渋谷)などをお目ににかかるには東京は訪れるのに大変素晴らしい場所す。

東京には1000以上の個々近接エリアがあり、それぞれ近くの駅で特定されます。事実、もし人々がどこに住んでるとかという質問をしたとき、彼らはどの駅があなたの家に近いかということを聞いているのです。丸の内は東京都で最大のビジネス市街地で、ここが東京のお金と力が行きかう場所です。

金融街

丸の内は主要の金融街でもあります。FXの貿易者 (FX market)、ヘッジファンドマネージャー、そして銀行員などすべてここに集まっている。日本が世界で一番の個人金融資産プールであります。(昨年は約19億ドルと推定。)しかし、近年多くの国際銀行は地方銀行が市場を占領していることを発見し、主要の外国銀行が彼らの東京での運営を縮小している傾向にあります。また、円は今現在強くはないが、東京の商業不動産と労働はすごく高ことも指摘されています。

ショッピング、食、アート

それらの撤退とは裏腹に、丸の内は中通りのデザイナーブティックショップやオフィスの人々や、裕福な銀行員を誘うデザインがほどこされたアップスケールなレストランなどであふれているとても興味深い場所です。英語で、丸の内とは” inside the curcle”で、東京駅と皇居外苑の間に位置します (注釈として東京駅ギャラリーでの歴史芸術展示会を見逃さないで)。 平日は働く人々と美味しいものを探し回る観光客の人々でとても混雑しているが、ほとんどの人が家族と家で過ごしている週末には、ゴーストタウンと化します。

丸の内は皇居の堀内に巣づいており、したがって文字通り”円の内側”という意味。江戸時代には(1603-1868), 日本社会は徳川将軍によって統制されており、300人の大名または主が彼らの家を丸の内街に建てました。1890年に、この全体の区域は一つの家族に1,5億円で売られました。その家族はのちに三菱商事株式会社を創設し、今でも丸の内の多くの建物は三菱不動産によって所有されています。

丸の内探検

現代の丸の内はただのビジネス街だけではありません。丸の内は東京の中心にあるため、多くのお店、おしゃれなバー、そして素晴らしいレストランののほかにも、多大の量のアトラクションが近くにあります。足を得る一番の方法としてはバスツアーに参加するか、電気自転車を借りて自転車ガイドツアーに沿ってこぎまわることです。

皇居

丸の内での一番重要なアトラクションは間違いなく皇居であります。特に桜が満開のさいはこの庭は素晴らしく美しくです。一度この場所と庭を探検した後は、平の将門のお墓や、丸内の素晴らしい建築物も訪れて鑑賞してみて下さい。32階建ての丸内のビルディングは中も外もとてもすごいです。

帝国劇場は丸の内の中心から少しだけ歩いたとこにあります。この劇場は伝統的なものから西洋風のミュージカルまで多くのものを取り扱っています。三菱一号館美術館には興味深い展示と素晴らしいカフェがあります。最後に、日本伝統的はお茶を一本堂で味見すること、東京駅内グランスタ(GRANSTA)でデザートを買うこと、そしてラーメン通りでラーメンを頬張ることをお忘れずに!!

JapanTravel Featured
JapanTravel Featured

会話に参加する