日本橋

東京の歴史の起点

Manish Prabhune   によって

日本橋 (日本の橋) には東京の道路元標がある。道路元標とは各地から東京まで高速道路で来た場合の距離を測る起点のことだ。日本橋は日本橋川に架かる橋で、17世紀に木造建築され、1911年石橋として建て替えられた。日本橋周辺には三越デパートを含む多くの商業オフィスビルが立ち並んでいる。江戸時代に描かれた古い木造の単純な橋の絵を見ると、かつてこの橋がどんな橋だったのかが想像できる; こんなのどかな橋が今と同じ場所にあり、そしてこの場所から富士山がこれほど美しく見えたとは、今の光景からは到底信じがたい。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Manish Prabhune