東京 根津美術館

燕子花と新緑の五月

Tomoko Kamishima   によって

明治神宮を背に表参道を下っていくと、竹林に囲まれた黒い建物が見える。これが『明治の鉄道王』根津嘉一郎(1860-1940)の自宅跡に建てられた根津美術館である。コレクションは東洋美術を中心とした絵画や陶磁器、彫刻などであるが、燕子花と新緑の季節には、尾形光琳の燕子花図鈴木其一の夏秋渓流図が特別展示される。5月初旬には、庭園に咲く燕子花が見頃を迎え、屏風絵と自然美の競演を楽しむことができる。起伏のある地形を巧みに利用した池泉回遊式庭園に、入り組んだ園路。散策すれば、各所に点在する茶室や祠などを巡ることができる。疲れたら、緑の中に浮かぶガラス張りのカフェで、くつろぎのひとときを。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima