日光の「並び地蔵」

河岸100メートルに立ち並ぶ74の石像

Larry Knipfing   によって

日光の含満ヶ淵(かんまんがふち/憾満が淵)に、石垣を背に100メートルほどの長さで立ち並ぶ地蔵の群れがある。大谷川(だいやがわ)を見下ろすように並んだこの地蔵達は、旅ゆく者と水子の霊を守護している。これら地蔵たち、数えるたびにその数が違うことから「化け地蔵」あるいは「幽霊地蔵」とも呼ばれているが、その理由はもしかすると頭のない地蔵があるからかもしれない(地震や洪水が原因?)。だが、頭部を失った地蔵の頭は、胴体の横に置かれている。心と体が離れたまま、彼らは生き続ける、永遠に。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Larry Knipfing