日本最大のアルパカ牧場

那須アルパカ牧場で楽しい一日を

Reiko Senna   によって

1990年に、200頭のアルパカがペルーのアンデスから日本へチャーター便で送られてきました。当時、ラクダの顔で牛のような蹄を持ち、ふわふわの毛をしたアルパカは日本人に馴染みが薄く、牧場主は、多くの人が訪れやすい場所がいいと考え、東京に近い栃木県の那須高原に牧場を開くことを決めました。

海抜1000メートルの高原は美しい山々に囲まれ、冬は気温が零下15度にまで下がりますが、アンデスの標高 3000~5000メートルあたりに生息するアルパカにとっては必要条件でもあります。15年経った現在、牧場は25,000㎡に拡張され、アルパカも400頭に倍増しました。種の混雑を防ぐためにオスとメスは別々にされています。性格的におとなしく、柵越しに1個100円で買えるプラスチックケース入りのエサを直接手から食べさせることができます。一般的にはおとなしい性格ですが、エサやりなどで焦らすと、ツバを噴きかけられることがあるため、ご注意を!

日本では夏には気温が非常に高くなるために、毛を刈りますが、ただ刈り取るだけではなく、客を喜ばせるために文字などを浮き立たせ、たとえば、仮名のアルパカのアとかルなどと浮き立たせています。

この牧場には日本語が流暢でひょうきんなペルー人のガイドさんがいて、ペルーのことやアルパカの説明をしてくれました。ここには、真っ白で優雅な花子という名の有名なキャラがいて、可愛い帽子をかぶり、首からバスケットをさげて、客といっしょに記念写真をとってくれます。彼女はペルー関係の公式行事やテレビなどにも引っ張りだこです。このアルパカたちと一緒にいると一日いても退屈することはありません。

今ではアルパカもよく知られるようになり、とくに2011年3月11日の大震災以後には、新潟県の山古志村や長野県の八ヶ岳のふもと、富士見などに小さなアルパカ牧場ができました。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Reiko Senna

Reiko Senna @reiko.senna

I was born in Nagoya but soon moved to China, then Manchuria, and to Peking (now Beijing) and entered Japanese elementary school there.  My family came back to Japan in 1946, and lived in a small village in Hiroshima, Hyogo, Saitama and  finally settled in Tokyo in 1950.  I spent a year in Minnesota, USA, as a high school exchange student  during 1955-56, and finished college in Tokyo.  I mainly worked for JICA as a Japanese language instructor and editorial staff of JICA's periodicals in English. I like to cook, grow flowers, knit, travel and Facebook, just for fun and enjoy them.  These days I'm interested in Southeast Asian countries. 旅行が好きなので、日本紹介というよりは、旅先で興味を抱いたこと、特に外国人の方にも関心を示していただけそうな事柄を紹介していきたいと思っております。

Reiko Senna

会話に参加する