能登半島の幸

古都金沢で味わう能登の幸

Masayoshi Hirose   2015/02/25によって

2015年2月7日北陸の小京都と云われる石川県金沢市を久しぶりに訪れた。

金沢駅は3月新幹線の乗り入れを前にして、大変賑わっている。開通前に試乗会などが催されごった返していた。それを横目に随分様変わりした駅を眺めながら徒歩5分程度の割烹料理店”日々魚数寄 東木”の暖簾をくぐった!店内は満席で10人程度の小さな店だったが、能登の新鮮な幸を使い、総じて薄めの味付けで素材の味を楽しませてくれる。とても上品な料理で魚貝類を堪能させてくれた。

古都・金沢

  1. 能登半島の幸
  2. 新金沢駅・鼓門
  3. シンメトリー
  4. 情緒溢れる石畳み

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Masayoshi Hirose

Masayoshi Hirose @masayoshi.hirose

I was born in and grew up in Kyoto in 1960, and currently live in Osaka. About six years ago I developed interest in photography, and now as an avid photographer, I drive around Japan (mostly western parts of Japan) when I have time, and enjoy mysterious natural phenomena such as sunrises, sunsets, sea fog and sea of clouds. My dream is to capture impressive, picturesque scenes. I'd like to take photos that will remain in people's minds forever. It would be my greatest pleasure if my photos entice people around the world to come visit Japan and enjoy her beauty! 1960年京都市に生まれ育ち、現在は大阪府在住  約6年前、写真に興味を持ち始め、今は時間があれば日本各地(主に関西より以西)を車で旅しながら朝陽や夕陽、海霧、雲海などの不思議な自然現象を楽しんでいます。私の理想は心に残る印象的で絵画のような写真を撮る事。いつまでも見る人の心に残るような絵作りをしたいと思っています。私の写真が一人でも多く、これから日本を旅する方の参考になればこの上なく嬉しい限りです。