いくどん 焼肉レストラン

職人気質の焼肉屋 いくどん 横浜黄金町

Miho Saika-Joyce   によって

焼肉レストランをお探しなら横浜黄金町のいくどんがおすすめだ。 リーズナブルで気軽に行けて居心地のよい店、ちょっと友達の家にでも行ってご飯を食べるようなそんなリラックスして食事を楽しめる雰囲気だ。 この店の温かい雰囲気は、学生時代からの友人と家族という間柄のスタッフで営業されているので自然と生まれてくるのだろう。

職人気質

一般的に日本人は自分の仕事に対し高いプライド意識を持っている。いわゆる職人かたぎと呼ばれたりするが、信念を持ち仕事をする彼らは作り出す物や提供するサービスの質に手を抜かない。 最高のレベルを常に目指して丁寧な仕事をする。 どんな業種・分野でもその様な意識を持った人はこの国には多いのである。 飲食業に於いて例をあげるのならこのいくどんは良い例だ。 質の良い食材を提供するのは当たり前、行き届いた気持ちの良い接客も店の質を左右する大事な要素だ。 ご存知かもしれないが日本にはチップの習慣がない。 諸外国でたまに経験するチップ目当てのサービスではなく心のこもった本当のもてなしなのだ。 

オーナーとの会話を少し紹介する。 彼女が私のテーブルにキャベツの乗った皿をもってきて、これはサービス(無料)だと云った。 私はこんな新鮮で良いキャベツが無料なの?と聞いた。 彼女曰く、毎朝市場に行って朝採れのものを仕入れてくるのだそう。 新鮮なものしか出したくない。 だから無料で提供するキャベツにも手を抜かない。 このこだわりがもてなしとして客に伝わる。

加えて彼らの心配りをもう少し紹介しよう。 スープとウーロン茶も無料で提供される。 前述のキャベツも含め無料にしているのは客の健康を考えてのことなのだそう。 スープは胃の粘膜を守り、キャベツは消化を助け、ウーロン茶は余分な脂を流す。 なるほど理に適っている。

セルフバーベキュー(焼き方)

焼き肉レストランが初めての方へ。 まず熱した炭が入った七輪がテーブルに運ばれてくる。 この七輪の上で各自好みの焼き加減に肉、野菜、芋などを焼く。 順番も特に決まっていないし焼き加減もお好みしだい。 肉はこの店の秘伝のたれで下味が軽くついているが、辛い味噌、たれ、塩だれなど試してほしい。 私が特に気に入ったのは塩だれ。 香ばしいガーリックの香りがとても良い。 ガーリック以外の材料は秘密だそうだ。 肉、野菜両方と相性が良い。 メニューはたくさんの種類を楽しめるように一皿の量は控えめだ。 同じ肉に違うたれを試してみたり、是非、豊富な種類の肉、野菜を好みの食べ方で楽しんでほしい。

他のメニュー

焼き肉以外のメニューを一部紹介する。 冷奴、枝豆、オーナーが漬けたつけもの、お茶漬等。  デザートにはアイスクリーム

カクテル・酒類

ボイラーメーカー、 サブマリン、 カシスソーダ、 ウィスキーのソーダ割り等。

メニュー(英語メニュー有り)になくてもスタッフに聞くと要望に答えお好みのカクテルを作ってくれる。 

予約をする際は こちらへ英語のメールも対応可。(大人数の場合は特に予約をした方が無難。) Tel.045-263-5111 オーナーは英語対応可。

焼肉を楽しんで!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Miho Saika-Joyce

Miho Saika-Joyce @miho.joyce

I think I’m good at finding nice places to take photos, to eat out, and so on.I hope that my article will help you to see cool Japan!

Miho Saika-Joyce

会話に参加する