鎌倉 鶴岡八幡宮の七夕

境内を彩る華やかな飾り

Tomoko Kamishima   によって

7月7日の七夕が近づくと、鎌倉八幡宮の境内のあちらこちらに、華やかな七夕まりや吹き流し、笹飾りなどが立ちます。かつては神事であった「たなばた」は、豊作を祈り、禊(みそぎ)をする行事でした。それが、織姫と彦星伝説や、中国から伝来した裁縫の上達を祈る儀式の乞巧奠(きこうでん)などと融合して、今日の「七夕」として定着したようです。この時期、源平池ではちょうど蓮の花が咲き始めていました。

アクセス:JR鎌倉駅から徒歩10分

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

3
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する