恐竜王国の勝山駅

恐竜が守護する福井勝山のレトロ駅

Takako Sakamoto   2015/05/12によって

先日九頭竜川沿いで行われた弁天さくら祭りを観るため福井県勝山市を訪れた際、近くにある勝山駅にも寄ってみた。レトロで趣のある駅だが何やら新しく見える。後に調べてみると2013年10月に改築したらしい。予想通りここにも恐竜がいて、駅前広場に陣取り交通安全を監視していた ( 恐竜は2011年の駅前ロータリー完成時に設置されたそうだ )。しかし元々この駅舎は古く創設は1914年で、歴史的建築物として国の無形文化財に指定されている。勝山駅からは恐竜博物館行きのバスが定期的に発着しており、レトロな駅舎内も恐竜一色だ。勝山駅のプラットホームに降り立てば、恐竜王国にやって来た! と実感できるに違いない。

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @Takako Sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Original by Takako Sakamoto