福井「北庄(きたのしょう)城趾」

戦国武将柴田勝家の夢の跡

Shozo Fujii   2014/06/03によって

福井県福井市の中心部にある北庄城址は小さな公苑として整備され、資料館も備えて往時の歴史に思いを馳せることができる。この北庄城は戦国時代の武将柴田勝家が築城したものである。天正三(1573)年、織田信長が加賀の一向一揆を平定した後に越前領を柴田勝家に統治させた。それを契機に勝家は北庄の地に築城を開始したのである。だが信長亡き後、彼の後継を巡り豊臣秀吉と対立した勝家は滋賀県の賤ヶ岳での合戦に大敗を喫する。北庄城に敗走するも秀吉に攻められ敢なく妻のお市の方と共に自害した。この城は戦国時代の夢の跡である。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー