福井勝山市の清大寺

地元実業家が創設した巨大寺院

Takako Sakamoto   2015/06/17によって

先日鯉のぼりと桜を観に勝山市を訪れた際、ついでに越前大仏を観てみようと初めて清大寺に立ち寄った。日本一の座高を誇るこの越前大仏が生まれた経緯は面白い。清大寺大仏殿に鎮座する巨大大仏や日本一高いコンクリート製の五重塔など、境内にある全ての物がたった一人の男の手により創られた。1987年、福井出身の実業家で相互タクシーの創業者多田清氏が、地元への恩返しの思いから380億円もの私財を投じて創設したらしい。

壮大な建築物の数々や日本一巨大な大仏の存在にも拘らず、歴史の浅さからか宗教色の希薄さゆえか、残念ながら地元では人気がなく、私が行った時も人影はまばらだった。しかしもしあなたが壮大な建築物や美しい仏像のファンなら、ここに来れば心ゆくまでじっくりと楽しむことができる!

Was this article helpful?

修正依頼

0
2
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @Takako Sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Original by Takako Sakamoto