福井・丸岡「千古の家」

福井最古の古民家

Shozo Fujii   2015/01/31によって

福井県丸岡の山間深くに「千古の家」という古民家がひっそりと佇んでいる。まだ溶けきらぬ雪が家の周囲に残っていて、叩き土間から囲炉裏端に上がっても、冷気が足の指先に食らいついて這い上がってくる。この「千古の家」の坪川家の先祖坪川但馬丞貞純は北面の武士で、源三位頼政の後裔といわれている。源氏の末裔ということになるのだろうか。およそ七百年前、都から遠く離れたこの谷あいの地に移り住んだのだが、いかなる訳があったのかは不明である。代々庄屋を務めてきた格式が高い家であるにも拘らず、書院造りの座敷を欠くことや、柱や梁の仕上げが丸刀の手斧を使ったままであること、そして股柱が三本も使われていることから、建てられたのは中世末期であると言われている。鎌倉、室町、安土桃山、そして江戸。長い年月にわたる農家の暮らしが此処にある。

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @Shozo Fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.