福井「北潟湖」

吉崎御坊の伝説と花菖蒲

Shozo Fujii   2013/10/30によって

福井県あわら市と石川県加賀市との県境に「北潟湖」という湖がある。

海に接しているため海水が入り混じり、奥に行くに従って淡水となる。

浅い湖で、魚の種類も多い。

厳冬期には、湖の水面を棒でたたき驚くフナを追いこんで獲る「フナのたたき網漁」が風物詩になっている。

吉崎御坊という坊舎がかつてこの湖の近くにあった。

親鸞上人の直系の弟子である蓮如上人の説法を聞くために、浄土真宗の信徒が近隣だけでなく奥州からもこの地を訪れ宿泊した。その宿坊をいう。

この吉崎御坊に、嫁威谷(よめおどしだに)の伝説が伝わる。六百余年前の昔、三与次という男が老母と暮らしていた。

その三与次がもらった嫁は優しく働き者の女だった。

信心深い彼女は仕事の合間を見て、浄土真宗の高僧蓮如の法会に通う。

だがその義母には信心が全くなく、「そんな寺詣りする暇があるならもっと働け。」ととげとげしい罵声を嫁に浴びせる。

いつもは夫と二人で吉崎御坊に法会に出かけるのだが、ある晩のこと、夫が行けず嫁一人で行かなければならなかった。

法会に出ての帰り道、提灯片手に真っ暗の山道を下り家路を急いでいると、急に藪から鬼がぬうっと現れ出た。

「このお~怠け嫁め~。

遊んでおらんで、夜も働かんかあ~」

と地鳴りのような恐ろしい声色でその鬼は襲いかかってきた。

腰を抜かしそうになりながらも嫁は懸命に逃げ帰る。

家に着いてみると義母がいない。

「お母様、あの鬼に食べられてしまったに違いないわ」

と思い、やがて帰ってきた夫にいきさつを話し、二人は鬼が出た藪へ戻った。

 そこには先ほどの鬼がしゃがみこんでいる。

よくよく見てみるとわが母ではないか。

「面が、鬼の面が取れぬ~。」ともがきうめいている。

鬼の面が老婆の顔の肉に張り付いてしまったのだ。

翌日3人はさっそく吉崎御坊に参った。

阿弥陀如来の前で老母が泣いて過ちを悔いた時、ぽろりと面が落ちた。

という「嫁脅し伝説」。 

現在はその坊舎跡の石碑が立つばかりである。

かつて室町の時代、この地域は百年の長きにわたって「加賀一向一揆」で荒れた。蓮如もその渦中にあった。

抑圧と抵抗のはざまでおびただしい血が流れたなど、こののどかな風景からは想像すらできない。

梅雨の季節にもなるとこの北潟湖湖畔を、早生から晩生まで合わせて300品種20万本、濃淡の紫の花菖蒲が咲き乱れる。

Shozo Fujiiさんによって書かれました。
ジャパントラベルのパートナー

会話に参加する