藤島神社の藤の花

7年目に初めて咲いた奈良春日大社の藤の花!

Takako Sakamoto   によって

今年の5月上旬、境内の藤の花が移植7年目にして初めて咲いたと聞き、その姿を一目見ようと福井の藤島神社を訪れた。かつて春日大社で神職を務めていた現藤島神社宮司が7年前福井に転居した際、春日大社から藤の苗を持ち込んで藤島神社境内に植えたそうだ。その苗が7年目にしてやっと花を咲かせたのだ! 行ってみると境内に設置された小さな鉄製の藤棚から、2~3房の可憐な藤の花が遠慮がちに垂れ下がっていた。まだ小さいが貴重な初開花だ。藤棚の他に境内前には野生の藤の木があり、満開の美しい姿で参拝客を出迎えていた。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Takako Sakamoto