長崎原爆資料館

長崎の原爆投下を追悼して

Senén Germade   によって

路面電車の浜口町(はまぐちまち)駅から徒歩5分の場所に、長崎原爆資料館はある。1945年8月9日11時02分35秒、 長崎に日本で2発目の原爆が落とされた。入場料200円を支払うだけで、原爆投下により起こった悲劇、復興への道のり、そして核兵器開発の歴史等、長崎原爆投下にまつわる全ての事実を学ぶことができる。資料館は目を見張るほどの設計と様式による近代建築だ。この資料館そのものが芸術様式の一つと言っても過言ではないだろう。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Senén Germade