長崎、上五島巡り 3: 頭ケ島天主堂

ユネスコ世界遺産暫定リスト掲載の教会

Takako Sakamoto   によって

1859年のある日、無人島だった頭ケ島に一人の青年が住み着いた。ドミンゴ森松次郎だ。幕府のキリシタン迫害から逃れ上五島にやって来た彼は、自分の住処を青年伝道師養成所を兼ねる仮聖堂に作り替えた。これが頭ケ島天主堂の始まりと言われている。本格的教会の建築は1910年に始まり、日本では珍しい石造りの教会が1919年に完成した。この教会はユネスコの世界遺産(文化遺産)暫定リストへ掲載が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を構成する教会の1つで、2001年に国の重要文化財にも指定されている。詳細は写真をご覧頂きたい。

<長崎、上五島巡りシリーズ>
1: 江袋教会  2: 青砂ヶ浦天主堂  3: 頭ケ島天主堂  4: 坂本龍馬ゆかりの広場
5: 上五島の自然美  6: リゾートホテル マルゲリータ

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.