秘境、伝説のにこ淵

仁淀ブルーの魅力に惹かれて

Masayoshi Hirose   によって

愛媛県の石鎚山に源流を持つ奇跡の清流仁淀川 (によどがわ)、全国の一級河川で水質ランキング5年連続日本一に輝いた(2019年4月現在)清流だ。この神秘の青色は仁淀ブルーと呼ばれ、流域には数多くの伝説や名のある文化財が点在している。最近特にクローズアップされ観光客やカメラマンが遠方からも集まる「にこ渕」。SNSなどにもよく掲載されているスポットだが、早速この清流の地へ足を運んでみた。

日光が当たると透明度が増し、仁淀ブルーは最高潮に輝く。しかし特徴のある地形のにこ渕は深いV字渓谷の底部に位置するため、一番太陽が高くなる時間帯以外直射日光が届かないのだ。希少なタイミングは正午頃の1時間~1時間半の間に訪れる。もちろんこの時間に集中して観光客も押し寄せる!それでも奇跡の清流だ、見る価値は充分にある。

気をつけて頂きたいのは駐車場からにこ渕へ降りる際だが、通路がかなり険しい。途中、手摺代わりの鎖がある。それなりの服装と靴(スニーカーやソールのしっかりとした靴)の準備は必要だ。加えて両手が自由に使えるよう、荷物はリュックなどにまとめて背負えるスタイルがベスト。

にこ渕を後にしたお昼過ぎ、空腹に気づく。愛媛県側へと車を進めると道の駅がある。そちらで昼食を摂る予定だったが、何とその手前で森の中に素晴らしいそば屋をみつけた。名前は時屋!森の中、贅沢でとても優しい雰囲気。こちらの画像も是非ご覧頂きたい。

行き方

現地は峡谷にあり、公共交通機関の便は良くない地域。マイカーやレンタカー利用が一般的です。

車利用

高知自動車道 いの町IC下車、国道33号線~国道194号線へ右折。仁淀川上流方向へ走行、約45分「グリーンパークほどの」(看板)を右折、町道約10分程度で到着

公共交通機関利用

いの町観光協会 基本情報をご参照下さい

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Masayoshi Hirose

Masayoshi Hirose @masayoshi.hirose

I was born in and grew up in Kyoto in 1960, and currently live in Ehime. About ten years ago I developed interest in photography, and now as an avid photographer, I drive around Japan (mostly western parts of Japan) when I have time, and enjoy mysterious natural phenomena such as sunrises, sunsets, sea fog and sea of clouds. My dream is to capture impressive, picturesque scenes. I'd like to take photos that will remain in people's minds forever. It would be my greatest pleasure if my photos entice people around the world to come visit Japan and enjoy her beauty! 1960年京都市に生まれ育ち、現在は愛媛県在住  約10年前、写真に興味を持ち始め、今は時間があれば日本各地(主に関西より以西)を車で旅しながら朝陽や夕陽、海霧、雲海などの不思議な自然現象を楽しんでいます。私の理想は心に残る印象的で絵画のような写真を撮る事。いつまでも見る人の心に残るような絵作りをしたいと思っています。私の写真が一人でも多く、これから日本を旅する方の参考になればこの上なく嬉しい限りです。