高知の半額旅行券

五千円で発売される、一万円相当の「高知家プレミアム旅行券」

Edward Yagisawa Cannell   2015/06/03によって

高知県。そこには多くの観光資源があるのだが、旅行者は東京、大阪、京都などの主要都市に流れてしまい、高知県はどうも見過ごされてしまうことが多い。

しかし、「高知家プレミアム旅行券」が出たからには、そうは言っていられない。

四国に属する高知県はおそらく、革命のレジェンド・坂本竜馬の生誕地として最も広く知られている。竜馬像のある桂浜は、竜馬ファンにとっての聖地と言っても過言ではないかもしれない。また、高知城は、現存天守の一つとして知られている。さらに、高知県にはホエールウォッチング、そして毎年8月に行われるよさこい祭りという、二大アクティビティーがある。もし長期休暇が取れるのであれば(そして体を動かしたいのであれば)、四国八十八ヶ所巡りも良いだろう(16の寺院が高知県内にある)。もちろん、高知に行ったら、かつおのたたきを味わうことも忘れてはいけない。

どうだろう、高知に行きたくなってきたのではないだろうか?そんな読者には、5月25日から販売されている「高知家プレミアム旅行券」を使うことを是非ともお勧めしたい。なぜ「高知『家』」なのか?それは、同県が「高知県は、ひとつの大家族やき。」というキャッチコピーの下「高知家」と題した観光PRを行っており、今回の旅行券はそのPRの一環だからである。「高知家」には、高知の人々がまるで家族のようなつながりや温かさを持っている、という思いが込められている。

では、そんな情緒あふれる名前以外に、この旅行券はどんなところが素晴らしいのかをお伝えしよう。実はこの旅行券、5,000円で販売されているが、10,000円相当の価値があるのだ!また、この旅行券は400以上の施設で利用可能で、有効期間は6月1日から11月30日までとなっている。

「高知家プレミアム旅行券」は、全国の主要なコンビニで購入できる。購入時には「宿泊券」と「観光券引換券」のふたつに分かれているので、後者については、予約した宿泊施設などの指定された場所で「観光券」と引き換えていただきたい。なお、「観光券」は額面500円の券が10枚綴りになった冊子型のものである。さらに、観光券引換時には「竜馬パスポート」ももらえる。これは竜馬ファンであれば是非とも入手したアイテムだ。「竜馬パスポート」は通常、パスポート申請書に3つのスタンプを集めることで入手できるようになっており、これによって約500の施設等で特典を受けられるのだ。

さて、こんなに素晴らしい「高知家プレミアム旅行券」だが、発行総数がわずか77,000枚の予定で、5月25日の発売から、売切れ次第終了となっているので気を付けたい。また、77,000枚のうち60,000枚が現在発売中、残り17,000枚が6月初旬か8月初旬に追加で発売される見通しだ。

日本で最もユニークな高知県を、半額で楽しむことのできるこの機会を、是非お見逃しなく!

「高知家プレミアム旅行券」ホームページはこちら

Edward Yagisawa Cannellさんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー
Asako Komatsuさんによって翻訳されました

会話に参加する