家にこもっりきり?日本を楽しむバーチャルツアー11選

ソーシャル・ディスタンスにへこたれない!日本の新たな一面を体験しよう

Serena Ogawa   によって

美術館のバーチャルツアーや生配信動画などテクノロジーの力を借りて、次の休暇の旅行先を決めてみるのはどうだろう。または、コロナウイルスの懸念が続くいま、(人との接触機会を減らす)ソーシャル・ディスタンス中の時間の過ごし方として、活用してみよう。

日本には来てみたものの、観光名所が閉まっていて頭をかきむしっているあなた、もしくは次の旅行を引き続き計画中のあなた。こちらのすばらしいオンラインツアーとライブ配信の数々が、時をやり過ごすのに大いに役立ってくれるだろう。「行ってみたいところリスト」に新たに追加する場所も出てくるかもしれない。

支援をお願いします!ソーシャル・ディスタンスで影響を受けている多くのビジネスと同様に、日本のいたる所で以前よりも観光客が減っています。すでにご自身で訪ねたことのある場所があれば、感想・レビューを投稿してみてください!今後の旅行を計画する方々の手助けとなります。

場所をさがす

東京国立博物館

東京・上野公園、その美しい場所にある当博物館では、日本やアジアの国々の美術品や骨董品を観ることができる。オンライン展示「Maple Viewers(メープル・ビューワーズ)」を訪ねてみよう。季節は秋、京都北部の清滝川と紅葉を愛でる人々が美しく描かれている。

また、バーチャル博物館でも、絵画、彫刻、他にもたくさんの素晴らしい芸術作品や歴史に関する作品について、それぞれ解説付きで見ることができる。居心地のよい自宅やホテルの部屋から、東京国立博物館のツアーを巡ってみては?

(著作権: TenSafeFrogs / CC BY 2.0)

国立科学博物館

東京国立博物館の近くにある上野の国立科学博物館でも、独自の3D・VR体験サイトを開設している。ここでは、日本に実際足を踏み入れることなく、博物館の中を鑑賞することができる。日本館と地球館のいずれも、極めて細部に至るまで探検してみよう。これも、高画質画像と自由に館内を見て回ることができる性能のおかげだ。自宅でくつろぎながら、特設VRサイトを心ゆくまで体験してみてほしい。

(著作権:Kahaku VR)

札幌市円山動物園

札幌市円山動物園動画ページで、ちょっぴりワイルド気分でお散歩してみよう!ニホンザル、シマウマ、ビーバー、カバ、オオカミ、他にも色々な動物たちの様子を見ることができる。さらには、動画は頻繁に更新されており、動物たちの可愛い映像だけでなく、彼らの生活空間も見せてくれる。親子ともに、この「今日の円山動物園」を気に入ること間違いなしだ。

(著作権: pelican from Tokyo, Japan / CC BY-SA)

東京富士美術館

東京富士美術館バーチャルツアーでは、美術館までの道のりも体験することができる!駅から出発し、世界有数の魅惑的な芸術作品が飾られた回廊まで歩いて行くのだ。作品の中には、ルネッサンスやバロック期のものも。ここでは日本の傑作のみならず、東洋、西洋といった世界各地の芸術品に出会える。美術品から古代の鍛冶道具まで、東京富士美術館のおもてなしで楽しませてくれるだろう。

(著作権: 1029man / CC BY-SA)

京都蒸留所

もう少し大人な気分になれるものを探しているなら、京都蒸留所のジン蒸留所オンラインツアーはどうだろう。このバーチャルツアーでは、蒸留所の内部を見て回り、最初から最後まで、一連の製造工程を見ることができる。さらには、蒸留の工程を説明する体験型展示もある。この自然な表情を残す蒸留所をめぐれば、ドライジン「季の美」の背景にある作業や工程を学ぶことができる。ツアー後は、ボトルを1本購入してカクテルレシピを試してみては?

(著作権: Basile Morin / CC BY-SA)

東京の線路

電車や都会の生活が大好きな方は、東京の鉄道のライブ配信をぜひチェック。天気に関わらず、午前4時半から深夜1時10分までの間いつでも、くねりながら進む電車を観ることができる。この駅には10路線が乗り入れている。背景にある都会のビル群や道路も目を見張るものがあり、特に日没時や夜には、都会の夜の明かりでまばゆい景色が瞬く。線路上でカタンコトンと鳴る電車の音も、癒しのホワイトノイズとなり、東京の大きさを感じさせてくれる。

(著作権: Cheng-en Cheng / CC BY-SA)

富士山ライブカメラ 「フジサン・ウォッチャー」

日本を象徴する壮麗な山頂をハイキング…そんなチャンスを逃してしまったあなたも、心配しないで。「フジサン・ウォッチャー」の動画配信では、ほぼすべての角度から映した富士山を何時でも見ることができる。 晴天の日や夕暮れ時は特に美しく、雪を冠した富士山の姿を拝めるだろう。それにもしかすると、自分はどの角度からの富士山が一番のお気に入りなのか、次回来るときはどこに泊まろうかと考える際、役立つヒントとなるかもしれない。

(著作権: 名古屋太郎 / CC BY-SA)

千鳥ヶ淵の桜

あぁ、日本の春…。そう、それは桜の季節。けれど、花が開く短い期間にお花見に行けなかったら?そんな時は、千鳥ヶ淵公園YouTube配信をチェック。つぼみから満開まで、優美な桜の花々を眺めることができる。公園とお濠が織りなす景色には、心がゆったりとくつろぎ、ここが東京の中心部だとは思いもつかないほどだろう。

(著作権: KimonBerlin / CC BY-SA)

地獄谷野猿公苑

地獄谷野猿公苑の温泉でくつろぐ、小さな赤ら顔の雪猿たちを見てみたいと思ったことはないだろうか?そう…こちらの動画配信のおかげで見ることが可能に!運が良ければ、小さなお猿さんたちがお風呂に浸かっているところを目撃できるかも。ニホンザルは、寒い日には温泉に入っている可能性が高いが、周辺で遊んでいる様子もよく見かけられ、特にえさの時間には活発に動きまわる。

(著作権: Yblieb / CC BY-SA)

子どもたちと楽しむ

家のちびっ子たちと一緒に楽しめるものを探しているなら、何はなくとも「キッズ・ウェブ・ジャパン」をチェック。家族みんなで、日本や日本人のこと、文化や歴史について学ぶことができる。とびきり楽しい時間の過ごし方として、料理のレシピをいくつか試してみて。自分や家族の好物となる食べ物が、新たにきっと見つかるはず。

(著作権: Pedro Cambra / CC BY 2.0)

東京タワー

東京タワー。憧れの気持ちで、毎日何百人もの観光客がこの場所に引き寄せられる。しかし、コロナウイルス感染拡大に伴いソーシャル・ディスタンスが強化される中、夢見心地の目がくらむような高い場所からは、ほど遠いところにいる自分に気づくかもしれない。こちらのグーグル・ストリートビュー風の内部ツアーでは、あっという間に地上何百メートルに連れて行かれ、東京タワー内部を「歩き」まわることができる。東京の摩天楼が作る空の景色を、その目で確かめてみて。

(著作権:peakpx)

これらのスポットを訪れることで、冬の憂うつな気持ち、検疫や隔離で滅入ってしまう気持ちを振り払ってもらえることを願う。とりわけこの困難な時期において、数多くの娯楽・教育施設が、ともに未来のお客様のため、バーチャルツアーやオンライン素材を提供しているのがわかるのが素晴らしい。

さらに利用できそうなオンライン・バーチャルツアーなど、近くにどんなものがあるか、ぜひともチェックしてみよう。ひょっとしたら、今はオンラインで見ているものでも、機会があれば次はきっと直接訪ねてみたくなるだろう!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Miyuki Teramachi

Miyuki Teramachi @miyuki.teramachi

Serena Ogawa

会話に参加する