長瀞宝登山ロウバイ園

春の訪れを感じる、黄色く咲き乱れるロウバイ園へ

Masami Unrinin   2015/02/25によって

埼玉県秩父郡長瀞町にある標高497mの宝登山。その山頂にロウバイ園があります。東と西ロウバイ園からなる15,000平方メートルの広大な敷地には、約3,000本におよぶ3種類の美しいロウバイが咲き乱れています。山頂から武甲山や両神山を背景として秩父市の街並を見渡すことができ、展望も抜群です。例年1月中旬から3月上旬までが開花期となっています。

花の種類は、鮮やかな黄色い大輪の花を咲かせる「満月(まんげつ)」、色が薄めの「素心(そしん)」、花の中心が赤い「和臘梅(わろうばい)」とあります。また、名前の由来は、花がロウ細工のように美しいという説と、陰暦の12月(臘月:ろうげつ)頃に咲く梅に似た花であるからという説からきています。花言葉は「慈愛」、フルーティーで甘い香りも特徴です。

ロウバイ園へは長瀞駅からハイキングコースを使って徒歩か、ロープウェイを使って山頂まで行くことができます。また、行く途中の宝登山のふもとには、三峰神社、秩父神社とともに秩父三社といわれる「宝登山神社」もあり、開運厄除・火災盗難除の守り神とされています。世界的に著名な旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン フランス語版改訂第2版」において1ツ星にも選定され、「宝の山に登る」という縁起のよさから、年間に100万人の参拝者が訪れる歴史のある神社で、ロウバイ園共に人気のスポットになっています。

特に今季は2月上旬~中旬にかけて見頃となっています。また、ロウバイの見ごろにあわせて、長瀞町観光協会主催の「長瀞ロウバイ祭り」なども開催され、観光ガイドによるロウバイ案内、ロープウェイ無料シャトルバス運行、鉄道会社主催のハイキングで参加賞がプレゼントなど、様々なイベントが期間限定で行われていますので、ぜひご利用ください。

花の甘い香りに青空いっぱい咲き乱れるロウバイの花。長瀞宝登山ロウバイ園で春の訪れを楽んでもらいたいです。

Masami Unrininさんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー

会話に参加する

Yui Yamaguchi 3年前
「ロウバイ」園とは、なんてネーミングだ!と思ったら花の名前なんですね(笑)。春がそこまでやって来ているようで、とても美しいですね。散歩にぴったりです。
Masami Unrinin 執筆者 3年前
コメントありがとうございます。とても綺麗な花なので、ぜひ散歩をしつつ鑑賞を楽しんでもらいたいです。現地は山頂にあり景色もとっても抜群です。