伊勢神宮 内宮

御祖神・天照大御神を祀る宮

Tomoko Kamishima   によって

『お伊勢さん』として親しまれてきた伊勢神宮は、内宮と外宮、および123の別宮、摂社、末社などを総称したものです。内宮(ないくう)は天照大御神が鎮座する宮であり、日本人の御祖神をお祀りしている社殿であるとも言えます。伊勢神宮では、約2000年前に皇居を出た大御神が、各地を巡った後に、五十鈴川の川上の現在地に鎮まったと伝えています。式年遷宮は、正宮、および正宮内の装束神宝一切、また境内の殿舎すべてを、20年ごとに造替する儀式で、1300年間続けられてきました。これは、決して朽ちることなく新調されるという意味で、究極の持続可能システムであると言えるかもしれません。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する