くろ谷の墓地をゆく - 1

京都史跡で撮影したユニークな画像の数々

Larry Knipfing   によって

変人と呼んでもらっても構わない。とにかく私は墓地が好きなのだ。緑の芝生に覆われた、整然とした綺麗な墓地のことを言っているのではない。私が好きなのは古寂びた、自由気ままに縦横無尽に広がる、どこを向いても驚きに満ち溢れた墓地だ。京都くろ谷寺の墓地が、まさにそうだ。美しい5月上旬の早朝、私はここで3時間、至福の時を過ごした。墓地にいる間、数人の人に出会った以外誰もおらず、広い墓地はほぼ私の独占状態だった。近所の住人だという男性と、10分ばかり三重塔の前に座り込んで雑談した。この塔は長い階段を登りきった丘の高台にあり、ここから見下ろす京都市の眺めは壮観だ。静かで平穏なひと時を過ごせた私は、来て良かった、とつくづく思った。

写真ストーリー 1 | 写真ストーリー 2 | 静謐のくろ谷寺

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Larry Knipfing