京都御所を歩く~4

宜陽殿から春興殿へ

Shozo Fujii   2014/11/27によって

宜陽殿(ぎようでん)は平安京の内裏(だいり)における殿舎の一つで、紫宸殿(ししんでん)の東側に隣接(りんせつ)している。宜陽殿には楽器や書籍(しょせき)などの歴代の御物(ぎょぶつ)が保存保管されていた宝物庫(ほうもつこ)である。京都御所の宜陽殿も古式に則(のっと)って再現されている。春興殿(しゅんこうでん)は平安京内裏の一つで、武器などを置いた。鎌倉時代、神鏡(しんきょう)を置き、賢所(かしこどころ)となった。現在の春興殿(しゅんこうでん)は平安時代の春興殿とは位置関係が異なる。安政年間(19世紀中頃)に造営された賢所のあった場所に大正天皇の即位礼に当たり建立された。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.