京都「九頭竜大社」参拝~その2

実にユニークな参拝法

Shozo Fujii   2015/01/08によって

京都・八瀬(やせ)に佇む「九頭竜大社」は、その参拝方法がユニークで多くの熱心な参拝者を集めている。創建60年(2014年において)と若い寺社であるが発祥当時から、「お千度参り」が行われていたそうだ。このお千度参りだが、本殿を時計回りに9回礼拝するものである。参拝に先立って「手水舎」で手と口を清め、続いてろうそくと線香をあげる。ここでは「「二礼四拍手」。さてこのあとは、「お千度棒」を9本取り、これを本殿1周礼拝するごとにそのお千度棒を1本ずつ納所に返していく。これを9回。最後に本殿で二礼四拍手。その後おみくじを引いて九頭竜弁財天の霊言を賜る。気が入る参拝で、心身共に浄化される心地である。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー