京都「仁和寺」参詣~その2

中門

Shozo Fujii   2015/02/21によって

仁和寺(にんなじ)の二王門をくぐると北側に延びる参道の彼方にピンク色をした門が見える。これが「中門」である。江戸初期に建てられたものだ。重要文化財に指定されている。門の内部には、二王門を背にして向かって左側に多聞天(たもんてん)、右側に持国天(じこくてん)の像が安置されている。多聞天は夜叉を従え、右手に宝棒、左手には宝塔を持ち、天の邪鬼を踏みつけている。毘沙門天とも言われる多聞天は闘いの神だ。四天王の内の二王である多聞天と持国天はそれぞれ北と東を守護している。これらの見事な立像は残念ながら作者不詳であるが、細い桟の隙間から憤怒の形相を拝顔するのも一興である。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー