京都「仁和寺」参詣~その2

中門

Shozo Fujii   によって

仁和寺(にんなじ)の二王門をくぐると北側に延びる参道の彼方にピンク色をした門が見える。これが「中門」である。江戸初期に建てられたものだ。重要文化財に指定されている。門の内部には、二王門を背にして向かって左側に多聞天(たもんてん)、右側に持国天(じこくてん)の像が安置されている。多聞天は夜叉を従え、右手に宝棒、左手には宝塔を持ち、天の邪鬼を踏みつけている。毘沙門天とも言われる多聞天は闘いの神だ。四天王の内の二王である多聞天と持国天はそれぞれ北と東を守護している。これらの見事な立像は残念ながら作者不詳であるが、細い桟の隙間から憤怒の形相を拝顔するのも一興である。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.