京都「先斗町」ぶらぶら

唄に歌われた粋な花街通り

Shozo Fujii   2014/10/17によって

京都先斗町とくれば、花街の代表格のようなところである。名歌「お座敷小唄」に歌われた芸妓との恋唄に登場する花街として、この先斗町は全国に名が知れ渡った。歴史は意外にも古くなく江戸幕末の頃が始まりである。この地にも「先斗町歌舞練場」があって芸妓舞妓が伎芸を磨いて茶屋に出向く。ただ、現在では昔のような一見さんお断りの高い敷居の店は減って、初めての観光客でもリーズナブルに飲食を楽しめる歓楽街となっている。ただできることなら由緒ある店で、懐石とまでは行かなくても気軽な京料理を静かに堪能したいところである。そんな店探しが楽しい路地だ。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー