京都「化野念仏寺」を巡り歩く~2

水子地蔵尊から竹林を抜けて

Shozo Fujii   2014/11/09によって

化野念仏寺と言えば「西院の河原」の無縁仏石仏であろう。しかし、古来より葬送の地である化野辺りは、それゆえに鎮魂の祈願に頭を垂れることが求められるのではないか。親の顔を見ること無く蜉蝣(かげろう)の儚い一生を終えた水子を供養する水子地蔵尊のお堂、「延命地蔵尊」、本堂の「阿弥陀仏」と、逝きし魂の冥福を祈り合掌する境内でもあると思われる。ひっそりと静まり返った晩秋の夕暮れの境内を歩きつつ、今生かされていることに感謝する気持ちがふつふつとこみ上げてくる。そのような謙虚さがこの寺の参詣には相応しいのかもしれない。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー