京都「化野念仏寺」を巡り歩く~4

西院の河原の無縁仏供養

Shozo Fujii   によって

化野念仏寺は、今から千二百年前、弘法大師が五智山如来寺を開創され、野ざらしとなっていた遺骸を埋葬したと伝えられる。その後、法然上人の常念仏道場となった。時は流れ、数百年の内にさらに無縁仏と化した化野一帯の墓も含めて、明治時代に地元の人々の協力の元、釈尊宝塔説法を聞く人々になぞらえて配列安祀した。地獄の賽の河原で嬰児が石を積み上げた有り様に見えることから、ここは「西院の河原」と呼ばれる。西行法師は「誰とても、留まるべきかはあだし野の、草の葉毎にすがる白露」と、人の命の儚さを詠んでいる。日本という綱にあざなわれた御霊の冥福を祈念する場であろうか。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Shozo Fujii

Shozo Fujii @shozo.fujii

Travel is like a mirror for each of us as we can clearly see the reflection of  ourselves on it. Far from your home country, wandering or strolling, are you viewing yourself on the mirror of Japan?  I believe and am sure life could be for us to enjoy. So is our travel. Hopefully you would find miracle,love or wonder here in Japan.  I'd highly appreciate if you would also enjoy my essays here.