京都・嵯峨野「祇王寺」~2

悲恋の尼寺

Shozo Fujii   2014/11/11によって

「平家物語」に「祇王・祇女」の下りがある。平氏全盛の頃の物語だ。白拍子(しらびょうし)が上手な姉妹、祇王、祇女という姉妹がいた。白拍子とは歌舞の一種で平安時代末期から鎌倉時代にかけて起こったものだ。姉の祇王は平清盛の寵愛を受けていたが、ある日現れた仏御前に一目惚れして心を移した清盛は祇王を顧みなくなる。それに嘆き悲しんだ祇王は妹、母とともに髪を落とし出家して嵯峨野の往生院にこもる。それからしばらくすると仏御前が尋ね来て、我が身の振る舞いによって起こした祇王の不幸を思うと無情を感じ、宮殿を出てきたと祇王たちに告げる。女4人は嵯峨野の地で平安な暮らしを全うしたという。

Shozo Fujiiさんによって撮影されました
ジャパントラベルのパートナー