藤の花咲く宇治

温かい日差しの中、宇治川の岸辺に咲き誇る可憐な花々

Cathy Cawood   によって

京都から電車で少し行くと川沿いに可憐な町がある。宇治だ。ここは緑茶と平等院鳳凰堂が有名な町で、この寺院は日本の10円玉にも描かれている。そして5月の宇治では藤の花が一面に咲き誇る・・・森には野生の藤が群生し、観光スポットでは鉢植えの藤の花が店先を飾る。平等院鳳凰堂の境内には美しい藤棚もある。日本語でウィステリアは「藤」と呼ばれ、この美しい藤の花と同時にモミジの葉は鮮やかな緑に変わり、ピンク色のツツジが木陰を照らす。5月は気持ちの良い晴れの日が多く、運が良ければドラゴンボート大会まで観られるかもしれない。そしてもちろんお薦めなのが抹茶アイスだ!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Takako Sakamoto

Takako Sakamoto @takako.sakamoto

I was born in and grew up in Tokushima prefecture, and have lived in many places since then: Nishinomiya, Kyoto, Nara, Mie, Tokyo, Kanagawa, Saitama, Chiba, Fukuoka and Fukui. I am currently living in Yokohama City. All the places I lived, all the places I visited, I have loved dearly. The historical places where people lived, loved, suffered, and fought - places where I can still hear their heartbeats - mesmerize me. I'd like to retrace the footsteps of the people who lived in Japan a long long time ago, and introduce to you what they left behind on this soil.  

Cathy Cawood