寺院の回廊巡り-1 

永観堂 - 上へ上へと伸びていく垂直回廊

Tomoko Kamishima   によって

京都東山の山裾に立つ禅林寺、通称・永観堂は、上下の諸堂を結ぶ回廊巡りが楽しいお寺です。回廊の始まりは、庭を取り囲む水平方向の広縁です。足の裏に木のぬくもりを感じながら、鶯張りの廊下を、奥へ奥へと進んで行きます。回廊は左右に折れながら、まるで迷路のように続いていきます。そして、水琴窟の前で左右に分かれます。左手には、緩やかに屈曲した龍の背骨の下を歩くような階段、臥龍廊。階上には、京都市街が見渡せるすばらしい眺めの開山堂があります。戻って右手に進めば、阿弥陀堂。後ろを振り返って『永観、遅し。』と慈悲の言葉をかけた「みかえり阿弥陀」が安置されています。お庭と多宝塔の動画はこちらからご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する