詩仙堂の秋

洛北の風雅な山荘、詩仙堂

Masayoshi Hirose   によって

2014年11月22日洛北一乗寺にある詩仙堂を訪れた。

現在ここは詩仙堂と呼ばれているが、正しくは凹凸窠(おうとつか)であり、詩仙堂はその中の一室に過ぎない。

凹凸窠とは、でこぼこした土地に建てた住まいと言う意。

詩仙堂を造営した石川丈山、元々石川家は徳川家に仕えた譜代の臣であるが、その丈山も家康公に仕え、近侍となっていた時期がある。

そして同時に優れた作庭の手腕を持ち、桂離宮、枳穀邸(渉成園)の補修にも彼の手が加わっていたらしい。

詩仙堂の庭を眺めるに、その隅々にまで彼の思いが強く巡らされているように感じ、しばし山荘の紅葉に魅入った!

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Masayoshi Hirose

Masayoshi Hirose @masayoshi.hirose

I was born in and grew up in Kyoto in 1960, and currently live in Osaka. About six years ago I developed interest in photography, and now as an avid photographer, I drive around Japan (mostly western parts of Japan) when I have time, and enjoy mysterious natural phenomena such as sunrises, sunsets, sea fog and sea of clouds. My dream is to capture impressive, picturesque scenes. I'd like to take photos that will remain in people's minds forever. It would be my greatest pleasure if my photos entice people around the world to come visit Japan and enjoy her beauty! 1960年京都市に生まれ育ち、現在は大阪府在住  約6年前、写真に興味を持ち始め、今は時間があれば日本各地(主に関西より以西)を車で旅しながら朝陽や夕陽、海霧、雲海などの不思議な自然現象を楽しんでいます。私の理想は心に残る印象的で絵画のような写真を撮る事。いつまでも見る人の心に残るような絵作りをしたいと思っています。私の写真が一人でも多く、これから日本を旅する方の参考になればこの上なく嬉しい限りです。