九年庵 別荘と庭園

九州の最も期間限定な観光スポット

Mandy Bartok   2017/12/28によって

明治時代、実業家・伊丹弥太郎は、佐賀の山中に別宅を設けたいと思った。彼は建築家とともに、九年庵の設計に取りかかった。九年庵という名は、それを作るのに要する年月をもとに名づけられた。今日、この施設は、5月の4日間(2014年は5月3日~6日)と11月の9日間(2014年は11月15日~23日)だけ一般公開されている。その期間は、数多くのモミジの木々が鮮やかな紅の色合いに衣替えし、当敷地が最も見頃を迎える時期だ。濡縁が備わった数寄屋造りの家屋は、色変わりする木々の葉と対照をなし、美しく写真映えする背景を生み出している。

Mandy Bartokさんによって撮影されました
ジャパントラベルのメンバー
Miyuki Teramachiさんによって翻訳されました

会話に参加する