有田陶器市

最高の掘出し物を求めて、数多の露店を巡ろう

Amber Mezbourian   2014/04/17によって

佐賀県西部にある有田は、1930年代の白壁の建物と、絵に描かれたような細い道が見られる小さな町。山々や森に囲まれ、人口はわずか2万人を超えるほどの静かで穏やかな地域だ。しかし毎年春になると、いつもの静寂はしばし破られる。町主催で大規模な有田陶器市が開かれ、1週間のあいだ、100万人にのぼる訪問客を呼び込むのだ。では正確にはどのようにして、有田は陶磁器の重要拠点となったのだろうか。

16世紀後半、日本の「偉大な統一者」である豊臣秀吉は、朝鮮侵攻によって権力増強を試みた。この作戦は成功に至らなかったものの、結果としては多くの朝鮮人が捕虜となり、強制的に日本に移住させられた人たちもいた。

李参平は、この時期に九州に連れてこられた朝鮮人で、熟練の陶工だった。彼は有田に定住し、この地の土が磁器を作るのに適していることを発見した。今では、彼は日本の磁器生産の創始者だと広く認められており、有田の陶山神社には彼を称える記念碑がある。

日本は江戸時代(1663~1886年)の間に鎖国をし、交易の相手は中国、朝鮮、オランダの3ヶ国のみに絞っていた。有田で製造された磁器は、オランダ東インド会社によりヨーロッパへと輸出され、17世紀から18世紀にかけて大変な人気を呼ぶようになった。

有田は日本の窯業の中心地であったが、輸出される磁器は、近くの港町である伊万里から出荷された。結果として、有田で製造された磁器は、伊万里焼として広く知られることとなった。伊万里焼は青と白の様式もよく見られるが、典型的な特徴として、コバルトブルーで染付され、上から金と赤で絵付けが施されている。

有田の窯では、17世紀から途切れることなく、陶磁器製造が行われている。1977年には、有田焼は日本の伝統工芸品として指定された。

有田陶器市では550を超える店が4kmもの大通りに軒を並べ、店という店が、有名な陶器をこれでもかというほど値引きして販売している。箸置きや小さな茶碗から、精巧に塗付けされた巨大な花瓶まで、何千もの商品が並べられている。価格はたったの100円から、上は何万円のものまである。

なんとか苦労しながら道を進んでいると、白い手袋をはめた人たちに気づくかもしれない。昔から、園芸などのアウトドア作業に使われている手袋だ。この手袋を販売している露店まであるが、これは家から持ってくるのを忘れた人たちのためだ。熱心な買い物客はこれをはめて、陶器の入った木箱を次から次に探し回る。その間、隠れた掘出し物を探りながら、埃や汚れをさっと拭き取れるようにしているのだ。

陶器が積まれたテーブルや人混みが永遠に続きそうで、若干圧倒されてしまった場合は、焼きそばやフライドチキン、かき氷など、お祭りらしい食べ物の屋台も色々ある。軽食やおつまみを買い、ただベンチに座り人間観察をしたりして一休みしてから、再び人混みの中へ飛び込もう。元気をまた取り戻したら、自分用の手袋を買いたいとまで思うかも!

有田陶器市は、毎年ゴールデンウィークに開催される。4月29日から5月5日まで。

秋にも、小さめの規模の市が開かれる。11月23日から27日まで。

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Miyuki Teramachi

Miyuki Teramachi @Miyuki Teramachi

Hello! I've joined JapanTourist, hoping that many guests/tourists from foreign countries will enjoy their fill of Japan, and also that Japanese people will have a chance to learn those visitors' points of view about Japan. I'd like to do my best to contribute to providing information about Japan including Kyusyu in which my hometown is. Also I'd like to learn more about the new things or tourist information around the country. You can read many articles written by various visitors/tourists on this JapanTourist website, so I'll enjoy myself through this contributor activity as well! Thank you. こんにちは!多くの外国人観光客の方に日本を楽しんでいただき、また彼らの日本を捉える視点を日本の皆さんにも知ってもらえる機会になればという思いから、微力ながら、このJapan Touristに参加しました! 私の故郷がある九州を含め、日本についての情報発信へ協力できればと思っています。日本全国のまだ自分が知らないことについても、徐々に勉強していきたいです。色んな旅人の方の記事を読むことができますし、私自身もこの活動を通して楽しみます!

Original by Amber Mezbourian

会話に参加する