小樽運河の世界

ノスタルジーな夏の散歩に出かけよう

Chris Barnes   によって

小樽運河は、ノスタルジックな雰囲気を求めて、観光客が一年を通して国内外から押し寄せる人気の観光地です。

この運河は大正12年(1923年)に、小型船が倉庫へ荷物を運ぶために建設されました。しかし、近代的なドッキング施設が整備された後は廃止となり使用されなくなってしまいました。1980年代には運河の埋め立てが計画されていましたが、それに反対する地元市民の運動の甲斐もあり運河は美しく修復され、残っていた倉庫は博物館、ショップ、レストランに新しく生まれ変わりました。昼間は様々なアーティストが通りすがりの観光客に自らの作品を披露している他、水面に反射する蔵、夜は昔ながらのガス灯が灯るロマンチックな雰囲気が素敵で、運河は散策を楽しむのにぴったりな場所となっています。小樽駅から徒歩5分で簡単にいく事が出来ます。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Sae Nagamatsu

Sae Nagamatsu @sae.nagamatsu

Made in Japan & lived once in Europe during my childhood (Slovakia / France). Currently working in Human Resource for Japan Travel. I also used to live in Utsunomiya, Tochigi pref and Omiya in Saitama pref). Once worked as a multilingual tour guide organiser/conductor in EN & FR in the town of Asakusa, where you may find the authentic Edo vibes:) Enthusiastically addicted to natto (the best food in the entire universe) and iekei ramen. Anti-social media and minimalist, I've always loved a simple yet  purpose-driven, joyful life. I also love reading, learning and am passionate about diversity and world culture. 

Chris Barnes