円月島の夕日

島のまん中に丸い穴

Tomoko Kamishima   によって

円月島は、夕景の名所として人気のスポットです。高さはわずか25m、最も幅の広いところが130mと、とても小さな島ですが、まん中にあいた穴が特徴的で、夕日の時刻には多くの人が訪れます。

円月島という呼び名は、海蝕によってできた中央の丸い穴が、お月様のようだということでつけられた通称だそうです。

透明度の高い水に反射する陽光はキラキラと美しく、波の打ち寄せる音が静かな浜に響いていました。付近の磯には、潮溜まりにウニが(うじゃうじゃ?)いるらしく、夕日を待つ間、磯遊びをしている人を見かけました。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

1
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する