和歌山県太地町立くじらの博物館

世界で唯一の鯨、イルカの生態・捕鯨の博物館

Masato Kitamura   2014/04/22によって

和歌山県の南部地域である太地町は本州の最南端でもあり、太平洋の黒潮が近くを流れ、マグロが多く回遊しています。太地町は日本の捕鯨業の発祥の地としても知られています。鯨は古くから食料、各種加工品、医療に頭から尻尾の先まで利用されていました。太地町立くじら博物館は海外を含めて唯一ある鯨の生態、捕鯨を網羅している展示館です。また、野外のプールでは鯨、イルカのショーも適時見ることが出来ます。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Masato Kitamura

Masato Kitamura @masato.kitamura

I was born and grew up in Nagano city. After that I lived in Osaka nine years. Later years I live in Kanto plain. I worked for 36 years as a programmer and related business in a software company. I was retirement of 60 years old. Now I’m doing a part-time job at near my house. I like personal computers. I enjoy to plan a trip and to go sightseeing. I like to look for cheap hotels.