熊野本宮大社と大斎原

世界遺産:熊野古道3

Tomoko Kamishima   によって

熊野古道は、黄泉の国・熊野への、いにしえの参詣道です。身分によらず、年齢・性別によらず、困難な旅を経て熊野に入り、人は一度死んで魂を浄めます。そして、熊野三山と呼ばれる3つの社に詣で、家路につく頃には、生まれ変わって再生を果たす、というのが熊野信仰の御利益です。

熊野三山の一つ、熊野本宮大社は、来世での魂を救済する神と考えられてきました。速玉大社で前世の罪を浄め、那智大社で現世に良縁を結び、本宮大社で未来を安堵されるのです。

熊野本宮大社は、黄泉の国・熊野の森を流れる熊野川の中洲にありました。人々はまず、川で水垢離をしてから本宮大社に参詣したということです。しかし、1889(明治22)年の大洪水で、本宮大社は社殿の大部分を失ってしまいました。その後、残った建物は北西に10分ほど歩いた現在地に移築されました。大斎原(おおゆのはら)と呼ばれるかつての社地には、日本一の大鳥居が建っています。

5月下旬に訪れた時、歩道から少し入ると、水を張った田んぼの中に、巨大な鳥居がこつ然と姿を現しました。石の参道がまっすぐ大鳥居に向かって伸びていきます。私は参道を進まずに、しばらくこの鳥居を眺めていました。その時、日本の神は稲作と深くつながっているのだと、しみじみと感じました。その日の夕刻、再び戻って夕闇に溶けるような鈍色の鳥居を眺めました。そして翌朝、朝靄の中に凛と立つ鳥居を見た瞬間に、ひれ伏したくなるほど、厳かな気持ちになりました。

詳細情報

熊野本宮大社についてもっと調べる

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する