熊野水軍が船を隠した入江

三段壁 断崖と洞窟

Tomoko Kamishima   によって

紀伊半島南東部の三段壁は、海に直立する断崖絶壁です。この海域を拠点としていた海の氏族・熊野水軍は、三段壁の海蝕洞窟に船を隠し、有事には出撃できるよう待機していたといわれます。熊野水軍といえば、平安時代末期の源平合戦における活躍が有名です。武蔵坊弁慶の父・堪増(たんぞう1130-1198)は、総勢2000人の熊野水軍を率いて壇ノ浦の戦いに参じ、源氏の勝利に貢献しました。

三段壁洞窟へは地上から36m下の通路までエレベーターでわずか24秒。弁財天の祀られる祠と、熊野水軍の番所小屋があります。船が出入りしたとされる洞窟の入り口には、荒々しい波音が響いていました。

三段壁の地上部分には、見晴らしのいい見壇(けんだん)という平坦部があります。かつてはここで見張りをしたり、魚影の群れを探したりしていたそうです。見壇の右手には、無料の足湯があります(9:00AM-4:30PM)。太平洋を眺めながら足湯に浸かる、なんとも贅沢な気分でした。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する