狭山市立智光山公園こども動物園

見て触れて 動物を身近に感じられる動物園

Akemi Kumakawa   2015/02/09によって

智光山公園こども動物園には、約110種類もの様々な鳥や動物・爬虫類などがいます。 ここでは様々な動物たちを身近に感じ、触れ合えるのが最大の魅力です。冬にはニホンザルやカピバラが温泉に入る様子を見ることができ、夏にはホタルの観察会があります。クリスマスには飾り付けを楽しんだりと、季節に応じた様々なイベントがあり 、何度来ても飽きることがありません。 また、園内の樹木も季節ごとにいろいろな花を咲かせ、来園者を楽しませてくれます。

ここで人気があるのはテンジクネズミで、カピバラやニホンザルも人気者です。今年の干支でもあるヒツジの赤ちゃんが生まれた時には、一緒に写真を撮ろうとたくさんの人が訪れました。動物園のFacebookに は様々な動物の様子が毎日掲載されています。「マーコール」や「ホンケワタガモ」は、他ではあまり見られない珍しい動物で、「ヒレナガニシキゴイ」は、埼玉県水産試験場で改良された非常に珍しい鯉です。

ふれあい広場では、テンジクネズミやひよこ、ヤギ、ヒツジ、カメなどの動物に触れ合う ことができます。1日3回ふれあいタイムがあり、料金は無料です。また池にいる魚やポニー、ヤギ、ヒツジ、ニホンザル、ミニブタには、えさやり体験をすることができます。各動物舎前にカプセル式のえさがあり、1つ100円で購入できます。ポニー広場では、4才~小学生までがポニーの乗馬体験をすることができ、こちらは1回200円です。どれもとても人気のある体験です。

当動物園へは、西武新宿線「狭山市駅」からバスが出ています。入園料は、大人200円、小中学生50円、未就学児は無料です。月曜日は休園(祝日は開園)、開園時間は9:00~16:30(入園16時まで)です。土日祝日には、ケータリングのワゴンバスが軽食を用意しています。天気のいい日にはお弁当を持って、ピクニック気分で一日訪れるのも楽しいですよ。

Akemi Kumakawaさんによって書かれました。
ジャパントラベルのメンバー

会話に参加する