霊験あらたか 長谷観音

シリーズ:懸造りの寺院建築 – 3

Tomoko Kamishima   によって

奈良県桜井市、初瀬の山里にひっそりと佇む長谷寺。京都市内からは、電車を乗り継いで約2時間、近鉄「長谷寺」駅から谷あいに下りて、初瀬川沿いを20分ほど歩き、さらに登廊(のぼりろう)という長い石段を登って、山の中腹にある本堂に至る。長谷の観音参りは、平安時代の京の貴族たちに大流行した。当時は、4-5日かけて京から初瀬まで歩き、数日参籠して引き返し、心願成就の暁には同じ道を歩いて、お礼参りをしたという。平安貴族がいかに厚く長谷寺を信仰していたかは、源氏物語や枕草子、更級日記などの古典で知ることができる。その長谷(初瀬、泊瀬)の観音参りの御利益を、源氏物語「玉鬘」の巻に見てみたい。

光源氏と夕顔

源氏の親友・頭中将(とうのちゅうじょう)と、側室の夕顔(ゆうがお)との間には娘が生まれたが、そのことに嫉妬した正室は夕顔を脅迫した。夕顔は身の危険を感じて、頭中将のもとから姿を消してしまう。そんな折、源氏は夕顔と出会い、文のやり取りを始める。市井の女とは思えぬ知性と、夕顔の優しい人柄に惹かれた源氏だったが、ひょんなことから、彼女が頭中将の側室であることを知る。それでも源氏は夕顔に求愛し、やがて二人は結ばれる。しかし、別れは突然にやってきた。夕顔は、逢瀬の日に、物の怪に取り憑かれて亡くなってしまうのである。

長谷寺での劇的な再会

かつて夕顔に仕えていた右近は、今は女房として源氏に出仕していた。右近は、源氏が夕顔を忘れられず、夕顔の残した娘・玉鬘の行方を探していることを知っていた。そこで、主人である源氏のために、霊験あらたかな長谷の観音に、京から何度も参詣していた。一方、頭中将の正室から隠れるため、九州に下っていた玉鬘は、美しい姫君に成長していた。そして九州の地方豪族から求愛されたものの、それを拒み、乳母とともに再び京に戻ってきたのである。しかし現実的には、頼りになる後ろ盾もなく、心細い暮らしをしていた。そこで乳母は玉鬘に、長谷観音への徒歩での参詣を勧めた。観音さまに願いを叶えてもらうためには、自分の足で歩いていかねばならない。普段歩くことなどない姫君である。玉鬘は長谷への長い道のりを、苦しみながら歩いた。足を引きずりながら、乳母に支えられながら、ひたすら初瀬を目指して歩くのであった。

そこで、奇跡が起こった。玉鬘と右近は、長谷観音参詣の道中、偶然にお互いを見つけたのである。右近の計らいで、源氏は愛しい夕顔の娘・玉鬘に会うことができた。源氏に引き取られた玉鬘は、太政大臣である源氏の養女として暮らしていくことが叶った。長谷寺の観音は力強く、慈悲深く、すべての者の願いを聞き届けたのである!

長谷の十一面観音立像

山門から399段の石段を上ると、長谷寺の本堂が現れる。その内陣には金色に輝く十一面観音が安置されており、通常は、石敷きの合の間から、観音像の尊顔を拝む。10mを越える観音の全体像は、特別拝観の時のみ、内陣に入って目にすることができる(ただし撮影は禁止)。

私が訪れたのは、ちょうど春の特別拝観の時だった。あまり信心深いほうではないが、観音さまの全体像を見たいと思ったので、内陣を拝観することにした。まず入り口で、お坊さんに、五色の糸を編んだ魔除のひもを手首に巻いてもらう。案内に従って暗い内陣を進んでいくと、観音さまの足下だけがぼんやりと見えた。参拝者は一列に並んで順番を待つ。そして、一人ずつ観音さまの足下にひざまずく。みんなゆっくりと時間をかけて祈っていた。私の順番になって、観音さまの至近距離に迫ったが、あまりに近すぎて、逆に全体を見ることはできなかった。それでも、観音さまへのご挨拶のつもりで、私もその足下にひざまずいた。そして指先が観音さまの足に触れた時、図らずも何かを感じたように思う。ああ、参拝してよかったと、自然にわき上がる満足感のようなものだと言ったらいいだろうか。このチャンスに長谷にお参りさせてもらったことに感謝した。

長谷の舞台

本堂の舞台は、京都・清水寺の舞台と同様の懸造り(かけづくり)構造をしている。崖にせり出すように広縁が伸びており、それをフレーム状の柱で支えているのだ(後述)。

早朝、本堂の礼堂(らいどう)から勤行の声が響く。長谷寺では、常時20人以上の若い修行僧が、寝食をともにしながら修行の日々を送っている。朝のお勤めが終わると、僧たちは舞台に出て一列に並び、朝日を遥拝する。舞台からは遠くの峰々が美しい稜線を描いている。一般参拝者はこの勤行を直接見ることはできないが、You Tube(JR東海のCM)で、その清々しい祈りの光景に触れることができる。

このシリーズについて

懸造り(かけづくり)とは、床下の柱の長さを調節して、建物内部を水平に保つ伝統的建築技法です。これは日本独自の様式であり、懸造りを用いて建てられたお堂は、全国各地の傾斜地や断崖などに数多く見られます。しかし何と言っても、京都清水寺の本堂が最もよく知られている例でしょう。このシリーズでは、全国にある懸造りの建物の中から、その姿とともに、建物から眺める景色も美しい5つのお堂を選び、ご紹介していきたいと思います。

1 京都・清水寺の舞台

2 京都・醍醐寺の如意輪堂

3 奈良・霊験あらたか 長谷観音

4 奈良・東大寺二月堂

5 千葉・笠森寺の観音堂

詳細情報

長谷寺についてもっと調べる

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @tomoko.kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Tomoko Kamishima

会話に参加する