東北骨董市

盛岡市は紺屋町の道路で開かれる日曜骨董市

Mifthanzi Ariana Sarashanti   によって

岩手県盛岡市の紺屋町にある道路は、毎月第三日曜日になると、骨董市に様変わりする。売り手は道路や近くの駐車場に、自分のブースや売り場を設けることができる。展示されているレトロな商品は全て、まだ十分にその品質を保っている。この東北骨董市で売られている主な商品は、日本の伝統工芸品である。着物及び衣服の古着から、南部文化の品質の良さを証明している手工芸品、磁器の食器類やレトロな人形に至るまで、たくさんの選択肢がある(南部は廃藩置県が行われる前の岩手の呼び名)。伝統的な商品に加え、西洋の商品も見つけることができる。値段は十円から数千円。コレクターにとっては、最高の場所だ。

この記事は役に立ちましたか?

編集の提案

0
0
Hiroyuki Ishii

Hiroyuki Ishii @hiroyuki.ishii

Hi, I'm Hiroyuki Ishii.  People call me Hiro shortly.  I live in Miyagi, one of the Tohoku prefectures, where I'm trying to be a professinal interpeter.  My interest in this website is writing articles about onsen(s) in Tohoku which are sacattered over in the region.  Onsen literally means hot springs, but the word is usually used for towns or villeges that hlod bathing facilities irrigated from hot springs they have.  

Mifthanzi Ariana Sarashanti