歩くだけで楽しい 宮島の参道と小路

神の島に作られた道

Tomoko Kamishima   2014/12/10によって

宮島は古来神域として守られていたため、人が渡ることは許されていませんでした。通常は対岸から弥山を遥拝し、特別な場合にのみ、厳重な潔斎をした神職が上陸して祭儀を執り行ったと伝えられています。人が住み始めたのは鎌倉時代末期になってからのことで、宮島の参道や小路はそれ以降に、徐々に作られていきました。にぎやかな商店街がある表参道や、江戸時代の町家が残る町家通り、神職たちの屋敷が残る滝小路、手作りのみやげ物屋が並ぶ紅葉谷公園への小道など、それぞれに個性があります。宮島では観光名所ばかりでなく、島に作られた信仰の道と、そこで暮らす人々の生活の息づかいを感じながら、楽しく歩くことができます。

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Tomoko Kamishima

Tomoko Kamishima @Tomoko Kamishima

Japan is a small island nation, but we have a huge number of surprising things to discover here. Many of these delights can be found when you step off the main street onto small side paths. I really enjoy studying about and researching various aspects of traditional Japanese culture, and then sharing this information with visitors to Japan. I hope you will enjoy it, too! ARTICLE INDEX & PHOTOS:  An index of most of my Japan Travel articles can be found at the entry page of my blog, and my photos are shown here.  日本はとても小さな国ですが、大通りから一本小道に入ればたくさんの発見があります。日本人が積み重ねてきた歴史を学びながら、古い建物や庭を訪ね、物語の舞台となった景色を眺めて、皆様といっしょに日本文化の奥深さを探求していきたいと思います。

Original by Tomoko Kamishima

会話に参加する