鳴門うずしお観潮船

鳴門のうずしおを船から見てみよう

Naoko Takeuchi   2015/11/15によって

鳴門海峡は兵庫県淡路島と徳島県鳴門市の間に位置する。関西方面からバスや車で徳島県に来る際には、この鳴門海峡にかかる大鳴門橋を渡り四国に入る。鳴門のうずしおは、2つの潮の流れが1.3kmと幅の狭いこの鳴門海峡でぶつかることで発生する。ベストシーズンでは直径20m以上のうずしおを見ることができる。うずしお観潮船からは、これらのうずしおが轟音をたてて現れては消える様子を間近に見られる。大潮から一時間の間がベストだ。観潮船に乗る前に潮見表で見頃の時間帯をチェックしよう。船酔いしやすい方には、別の選択肢がある。渦の道やお茶園展望台からもうずしおは楽しめる。

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Naoko Takeuchi

Naoko Takeuchi @Naoko Takeuchi

I was born in Oita prefecture, Kyushu, and grew up in Tokushima prefecture, Shikoku. My sister gave me my first camera and I have been taking pictures since then. Photographs have the power to tell stories, remind us of precious experiences, and motivate people to act. That’s why I love photography. Now, I’m living in Tokushima prefecture and would like to introduce the wonderful culture of Tokushima through all of my photographs.

Original by Naoko Takeuchi