都内最高級ホテル『アマン東京』で至福のひと時を

都内ラグジュアリー日本式ルーム『AMAN TOKYO』に宿泊してきました。

Erika Anne Nagaoke   2016/05/08によって

人生に一度は泊まってみたいラグジュアリースイートホテル『AMAN TOKYO(アマン東京)』へ宿泊してきました。

アクセスは地下鉄東西線大手町中央改札口より、オーテモリ、みずほ銀行方面の短いエスカレーター/階段を登ると成城石井が左手に見えます。そのすぐ前の長いエスカレーターに乗ってください。エスカレーターのすぐ近くにはホテル方面へと書いてあります。

エスカレーターを上って直進しますと、AMAN TOKYOのエントランスが見えます。小さいので少しわかりにくいです。隠れホテル、ですね!

中に入ろうとすぐ、スタッフが120%の笑顔で駆けつけ、迎えてくれます。さすが、日本のサービスですね。素晴らしい。

エントランスのすぐ近くにあるエレベーターでロビーがある33階へ上がります。

すると、見たこともない大きな美しい生花が目に入ります。

丁度、桜の時期でした。天井が高く、開放感のあるロビー、とても素敵な香りで包まれていました。

客室は、日本の住居からインスピレーションを得てデザインがされています。木や和紙、石材など和の素材が使われています。非常に静かで、時がゆっくりと流れるのを実感できます。

客室は、以下の通りです。

『アマンスイート』外苑の森を望む157平方メートルの客室

『コーナースイート』 都市の眺望を堪能する121平方メートルベッドルームとリビングエリア

スイート』 独立したベッドルーム、パントリー、リビングルーム、ダイニングルームを備えた広さ141平方メートルの客室

『プレミアルーム』 エントランスと広々としたバスルームを備え、東京スカイツリー®を望む広さ80平方メートルの客室

『デラックスパレスガーデンビュー』 外苑の森と東京の大パノラマを望む、最上階に位置する広さ71平方メートルの客室

『デラックスルーム』 眺望の素晴らしい71平方メートルの客室、東京ではエントリーレベル最大級の客室

があります。

私は今回、眺望の素晴らしい71平方メートルのデラックスルームへ数泊、アマン東京を思う存分、楽しんできました。

ちなみに週末に宿泊しますと、平日の1.5倍以上の値段になります。

日本式の浴槽では、ゆずを浮かべ素敵な香りの中、リラックスした時間を過ごすことができました。東京の素敵な景色を眺めることもできました。

アメニティもとても豪華でした。1週間ほど使えそうなたっぷりの量のシャンプー、コンディショナー、シャワージェル。そして、使用後は潤いがたっぷり残る香りの良いボディクリーム。大変気に入りました。

また宿泊者は、最新マシーンを取り入れたフィットネスジム、30Mのプールや温浴施設を利用することが出来ます。

至福のひと時を過ごすことが出来ました。アマン東京での時は、忘れられない思い出として残ること間違いありません。大切な人と、または自分のご褒美に是非アマン東京での最高級ステイを味わってみてください。

Was this article helpful?

修正依頼

0
0
Erika Anne Nagaoke

Erika Anne Nagaoke @Erika Anne Nagaoke

Hi It is Erika, I am currently living in Sydney, Australia. I am Singaporean Japanese mixed, doing model, working as a travel/food blogger. I would like to share my travel experience and how Japan great is!!!:) Since I came to Sydney, I realized there are so many amazing things in Japan I have never knew... noticed.  I do appreciate more I could live in such great country Japan and I would like to people know more about Japan by sharing articles with JapanTravel.

会話に参加する